立体マスクの作り方とキレイにできるコツ6点

こんにちは、モカリーナです。

 

この記事は立体マスクの作り方とキレイにできるコツの紹介です。

 

コロナウィルスの感染予防のためにマスクの需要が高まっています。

近頃は手作りマスクをたくさんの方が作られているのを見かけます。

小さなマスクの中にもそれぞれの個性が出ていて、どんなマスクが出来たのか見るのが楽しみです。

 

日本の国が感染拡大を遅らせる事が出来ているのは、日頃からマスクを着用しているからと評価している国もあるそうです。

これからは外国でもマスク着用が増える国が増えそうですね。

 

今回はマスクのご要望を承り、出品用のマスクを作りました。 

家族のためのマスクはササッと気軽に簡単に作成しましたが、人のものとなるとそういう訳にはいきませんよね。

 

コツを抑えてキレイに作成!

曲線をキレイにカーブさせたり角をしっかりと出したり、洗濯の時にヨレにくくしたり。

モカリーナはこんな風に作っていますよ〜♬

 

サイズ:縦中央部13cm ×横最長16cm

 

立体マスクの作り方とコツ

 

マスクの型紙は色んなサイトで型紙が紹介され、ダウンロードできるものもあります。

モカリーナの作るマスクは立体マスクです。 

二重にしたダブルガーゼに、表地は白い花柄の綿生地を重ねた五重のマスクを作成しました。(縫代は1cm)

 

作り方とコツ

 

型紙を布に写し取り切ります。

・表地 綿生地とダブルガーゼ

綿生地から柄が透けにくいように、白い綿生地側にダブルガーゼの白い方を合わせています。

・裏地 ダブルガーゼ

柄が表にくるようにしています。

 

コツ1:なんと言っても型紙は正確に写す。そして目印をしっかり付ける。 

 

f:id:mocharina09:20200412131932j:image

 

表地を中表にしてまち針を刺しました。

異素材を組み合わせるので、いつもより多めに針を打っています。

ダブルガーゼは生地の目が粗いので縫っているうちにヨレてズレやすいです。

 

コツ2:まち針を多めに打つ

f:id:mocharina09:20200412131952j:image

(まち針が多すぎ⁈ モカリーナはまち針が多めが縫いやすいです。)

 

表地と裏地を中表に重ねて縫い合わせました。

コツ3:カーブに切り込みを入れる

f:id:mocharina09:20200412131955j:image

 

縫代は真ん中で割らずに、片倒しで作成しました。アイロンをしっかりかけましょう。

コツ4:マスクの表裏地とも中心部の縫代は同じ方向に倒す!!←コレ大事!

 

理由は縫代が重ならないようにするためですが、後で説明します。

 

f:id:mocharina09:20200412132005j:image

(片倒しでアイロンをかけたら、半分に折って全体をかけておきます。)

 

表地と裏地のマスクの中心部に縫代を抑えるミシン掛けをします。ミシン掛けが終わったら、

コツ5:1cmある縫代を5mmにカットする。

 

f:id:mocharina09:20200412131941j:image

 

表地と裏地を中表に重ねて、マスクの上下部分を縫います。

コツ4 で同じ方向に片倒しした縫代が、重ならないように左右に分散されていれば正解です。

f:id:mocharina09:20200412131947j:image

(表地の白い布は左側に、裏地のピンクは右側に縫代が倒れています。)

 

コツ6:上下縫い終わったら、曲線部と直線部の境目に切り込みを入れます。

f:id:mocharina09:20200412131959j:image

 

マスクの両横を2回折ってミシン掛け。

コレで本体の完成です。

ゴムを通さず使用するとインナーマスクとして使えます。

f:id:mocharina09:20200412131936j:image

 

ゴムを通して完成です。

 

ゴムはウーリースピンゴムを使用。

手芸店では長さ25cmでよいと言っていましたが、個人差があるのでゆとりを持って30cm。

使用する人に長さを調整していただきます。

 

マスクの完成!

 

マスクがたくさんできました。

裏地の柄や色が少し見え、表地のお花柄も浮き出て見えています。

 

同じ表地も裏地によって見え方が変化して、とても可愛らしい◝(⑅•ᴗ•⑅)◜..°♡

作るのが楽しいです!

f:id:mocharina09:20200412132017j:image

 

裏地、今モカリーナの持っているダブルガーゼはこれだけです。

今は品切れとお店の休業で手に入りませんから…(´•ω•̥`)

f:id:mocharina09:20200412132009j:image

 

ご要望のある限り、材料のある限り作りたいと思います。

 

 

まとめ

 

立体マスクの作りながら説明して、キレイにできるコツ6点を紹介しました。

 

ガーゼ生地は目が粗くヨレやすいので、型紙をズレないように写したり、まち針で布を留めて作業するとキレイにできます。

 

また縫代に切れ込みを入れたり、処理の仕方を工夫することでキレイに完成できるので、参考にしてくださいね。

 

知っているネットショップではcreemaのみ販売が許可されています。

 

マスクの完成後と送付前にアルコール除菌して、使い捨て手袋を使って取り扱います。少しでも衛生的に心がけたいものです(୨୧ ❛ᴗ❛)✧

 

では明日また、モチャー  イナ(*’▽’*)!

 

mocharina.com

 

mocharina.com

 

mocharina.com

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

モカリーナより♡

 

mocharinaのお店です~♡

minne.com

3 COMMENTS

sakura542gou

こんばんは。マスクは貴重なものですよね。今では手作りマスクのゴムもなかなか入手できなくなってきているとか。でも、こういった手作りマスクが提供できるのは素晴らしい事だと思いますよ。それだけ感染を拡大させることを抑えることができるんですから。本当一刻も早く感染拡大が終息してほしいですね。

返信する
mocharina09

さくら542号(id:sakura542gou)さん、こんばんは。
いつもありがとうございます。
マスクに使うガーゼやゴムが品切れなうえ、手芸店も休業になってしまいました。ネットでは購入出来るものもあるみたいです。
コロナの感染が早く終息してほしいです。

返信する
toku25

我が家は買っています。それもインターネット早く出回るといいですね。見ているだけでも楽しい

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です