収納ケース・ひっくり返すとフタ付き袋

こんにちは、mocharinaです。

きょうは手芸の装飾グッズを入れるための、「収納ケース」を作りました。

すぐに行方不明になる、小さなグッズ。

作ろうとした時に、すぐに取り出せる収納ケースです。

大きさ:16cm × 18cm

収納ケース・ひっくり返すとフタ付き袋

フタ付きの収納ケースです。

よく使うお気に入りの装飾グッズ。

レース・ボタン・リボン・ひもや金具類を入れる予定です。

(作成工程)

f:id:mocharina09:20180805215312j:image

材料です。

f:id:mocharina09:20180805215344j:image

カーブの所が入れ口になります。

(接着芯は念のため付けましたが、付けた方がいいかは不明。)

山道テープを付けました。

全部をつなげて、長〜い1枚になりました。

……、この途中の工程が、説明できません…。

フタ付きの袋をどう縫って表に返すのか、なかなか理解できないんです。

返し口の部分をはじめ3枚だけ5cmほど縫って、

その後返し口を残して4枚重ねにして縫って…。

訳の分からないまま、本の説明通りに縫いました。

f:id:mocharina09:20180805215359j:image

返し口の長さが短かすぎて、裏返すのが大変大変💦

返したらこんな感じ↑だけど、これは袋の内側です。

返し口を縫い閉じて、表に返すと、

表面も返し口が少しあいてました。

そこもかがりとじて、袋の完成です。

f:id:mocharina09:20180805214254j:image

中表にして返し口から表に出すと、フタ付きの袋ができてる。

それが頭の中で処理出来なくて、説明が出来ませんでした。

今まで作ったフタ付き袋

私は今まで、

  • 布を中表にして縫い、返し口から表に返して、両サイドをかがったら完成
  • バイヤステープで処理した布の、両サイドをかがったら完成

のフタつき袋しか、使ったことがありませんでした。

ひっくり返すとフタ付き袋を作ってみて

作ってみて、何故3枚だけ5cmほど縫うのか、何となくわかりました。

返し口をかがる時に便利でした。

すべての布に接着芯を貼ってしまったので、

少し重たい感じになりました。

貼るなら、表面だけでよかった。

その分しっかりしています。

少しフタのラインが傾いちゃった😩

わからないまま作成したのと、接着芯を貼りすぎて布に融通が利かなかったからかも。

また、チャレンジします!

ボタンと 飾りを付けて、仕上げました。

f:id:mocharina09:20180805230611j:image

マイブームの装飾グッズや小物たちが、たっぷりと入りました。

これならササッと取り出せそうです。

現在、読者の方を募集中です!
気に入って頂けた方は、下のボタンをポチっとお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。