刺し子の花ふきん「雪景色」②・図案の木と雪を刺す

こんにちは、モカリーナです。

今年も残すところあと僅かですね。

年賀状の準備も大掃除も済んでいるので、

比較的のんびりと過ごしています。

きょうは、ホビーラホビーレの刺し子の花ふきん「雪景色」を刺しました。

…あー、やってしまいました〜😫💦

見本のうさぎさんは左にぴょんぴょん。

モカリーナのうさぎさんは右にぴょんぴょん。

見本とは反対向いてるんです。

裏も表もグレーの線が鮮明にでていたので、

よーく見て、よーく考えてしたつもりがどうやら間違えてました。

見本を見れば裏表は一目瞭然だったのにね。

新しい年は「右肩上がり」ということで、

このまま行きましょうー!

もう今更やり直せませんしね(;ω;)

刺し子の花ふきん「雪景色」・図案を水色で刺す

配色決め

花ふきんの色分けを考えました。

見本の色は紺と水色、後もう1色。

何色にしましょうか?

黄色にしましたよ(*´꒳`*)

お家の窓と、キラキラの星があったので☆彡

図案の木と雪を刺す

この図案はとても簡単そうに見えて、考えさせられました。

幾何学模様のように、同じ模様が絶え間無く連続してある図案は、刺し方例に従って刺していきます。

この「雪景色」は、色使い例があるだけ。

どこから刺して、次の柄に進むのか考えなければいけないんです。

一筆書きをするように刺すのが、ポイントです。

木を刺す

モカリーナは木をこのように考えて刺しました。

f:id:mocharina09:20181229205331j:image

重なったところや縫い目以外の糸は、

布と布の間を通す事になります。

雪を刺す

落書きではないです( ̄^ ̄)ゞ

f:id:mocharina09:20181229205345j:image

刺し始めと終わりは3目返し縫いをすることになるので、雪はクルクルと2周刺しました。

連続縫いしなかったのは、黄色の線の十字の光を連続で刺していきたかったからです。

更に大きな光もあるので、雪は1つずつ仕上げました。

布と布の間

f:id:mocharina09:20181229205038j:image

(窓の光ですかして撮りました)

予定していた水色の刺し子糸の部分が刺し終わりました。

f:id:mocharina09:20181229205049j:image

次は、紺と黄色の刺し方を考えていきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

モカリーナより♡

minne.com

2 COMMENTS

U4Q

刺繍(刺し子も刺繍って言っていいですよね?)って刺し進め方に個性が出ますよね!
やはりロスが出ないように、とか裏側がシンプルに見えるようにとか、それぞれの基準がありますね◉
2枚の中を通して刺し進めるの、難しそう!

返信する
mocharina09

うにげ(id:U4Q)さん、こんばんは!
刺し子の花ふきんの季節の図柄は簡単だと思ってました。
色々してみないと分からないものですね。
考えながら刺し進めるのが意外に楽しく、ちょっとハマりそうです❄️

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です