3つの材料で作る、シンプルで可愛いスワロフスキーのハートリングの作り方

この記事は3つの材料で出来るスワロフスキーのハートのリングの作り方です。

モカリーナ
モカリーナ

こんにちは、モカリーナです♬

可愛いアクセサリーは何個あっても嬉しいですよね〜♡

このリングはたった3つの材料で作れてしまいます。そのうちの1つは速乾性のあるボンドです。そしてリングとスワロフスキーがあれば簡単に作れてしまいます〜ヽ(´▽`)/

この作品の1番のポイントは、このリングに出会えるかどうかということ!

リングには芯立てが付いていて、指の大きさが調整出来るタイプなのでサイズを選びません。そしてリングの芯立てにハート型のスワロフスキーをボンドで付けるだけで、簡単でとても可愛くできてしまいます。

簡単すぎますよね(*^▽^*)でもこのパーツに巡り合うのが、なかなか難しいですよ。見つけたら是非ゲットして作ってみてくださいね♪( ´▽`)

3つの材料で作る、スワロフスキーのハートリング

REIYA
REIYA

うわ~、簡単なのに可愛いね♡

リングの材料

  • 芯立てリング金具(フリーサイズ)金・銀
  • クリスタルシルバーナイト・クリスタルブラッシュローズ(1つ穴)
  • ボンド「裁ほう上手」

※スポンジなどボンドを乾燥する間に、立てておけるものがあると便利です。

リングはフリーサイズ。指の大きさが調整出来るのでサイズを気にしなくていいのがうれしいですね(^^♪

モカリーナ
モカリーナ

芯立てのリング、ネットショップで見つけたよ~!

ボンド「裁ほう上手」は速乾性で透明なので、とても使いやすいです。ボンドを1つ持っておくならコレ!おススメです。

リングの作り方

ボンドは1分ほど空気にさらしてから接着剤するのがコツ。完全に乾かすためには24時間置いておくのがベストです!

リングの芯にボンドを塗る

リングの芯にボンドを塗り、1分ほど待ちます。

スワロフスキーを付ける

スワロフスキーの穴にリングの芯を入れ接着します。

金のリングにはブラッシュローズのスワロフスキー、銀にはシルバーナイトを付けました。

これだけ、後は乾燥させるだけです〜!

まとめ

スワロフスキーに芯付きリングを付けて、リングを作りました。

材料はたったの3点だけで、簡単に可愛いリングが作れます。

ハートは1cmの大きさのを使うと少し上向きになりました。パーツの後ろの傾斜があるのでもうひと回り小さな方がいいみたいです。

ハートの色はピンクとブラックを使いましたが薄い色はリングが透けて見えるので、気になる方は濃い目を選ぶのがおススメです。

それでは明日また、モチャー イナ(*’▽’*)!

合わせて読みたい!

秋色のシマエナガちゃんのポニーフックの作り方・羊毛フェルトキラキラビーズの三毛猫のブローチの作り方!羊毛フェルト刺しゅう紺色の水玉模様とピンクいちごのマカロンキーホルダー

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

モカリーナより♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。