2月の果物の包みボタンの作り方・フルーツ「キウイフルーツ」の刺しゅう

こんにちは、モカリーナです。

 

今回は2月の果物の包みボタンの題材として「キウイフルーツ」を選び、刺しゅうしました。

 

10月から季節の包みボタンを作成していますが、果物をカットした刺しゅうは今回が初めてです。

キウイフルーツは切り口が見えた方が、可愛いらしいと思いました。

 

サイズ:直径2.2cm

 

2月の包みボタン・キウイの刺しゅう

 

「キウイフルーツ」という名称は、ニュージーランドからアメリカ合衆国へ輸出されるようになった際、ニュージーランドのシンボルである鳥の「キーウィ (kiwi)」に因んで1959年に命名されたものです。

(Wikipedia より引用)

 

キウイフルーツは商業栽培をして品種改良されたので、甘酸っぱくて美味しくいただけるようになりました。

 

キウイはマタタビに近縁であることから、幼木や若葉はネコ害を受けることもあるんだとか。

 

キウイの刺しゅう

 

下絵を「水に濡らすと消えるペン」で描く。

f:id:mocharina09:20190215130951j:image

 

カットしたキウイの中心を白の刺しゅう糸で刺し、その周りを緑で放射状にサテンステッチで刺し進める。

f:id:mocharina09:20190215131121j:image

 

緑の刺し終わり。直径0.7~0.8cm

f:id:mocharina09:20190215131308j:image

 

黒色で種をフレンチノットで刺し、

茶色で皮の部分をサテンステッチで刺す。

f:id:mocharina09:20190215131448j:image

 

もう一個のキウイを茶色でサテンステッチで刺し、周囲をバックステッチで刺す。

これで刺しゅうの完成です。

f:id:mocharina09:20190215131530j:image

 

 

包みボタンに仕上げる

 

包みボタンのキットと、布と接着芯を用意する。

f:id:mocharina09:20190215131617j:image

 

下書きの線を水で消し、接着芯を貼る。

f:id:mocharina09:20190215131739j:image

 

透明な包みボタンのキットに布、銀色の包みボタンの順に入れて、赤い打ち具を押し込む。

f:id:mocharina09:20190215131811j:image

 

布を内側に丁寧に織り込み、足つきのパーツを被せる。

f:id:mocharina09:20190215132102j:image

 

赤い打ち具で押し込む。

f:id:mocharina09:20190215132235j:image

 

表側はこんな感じ。

f:id:mocharina09:20190215132303j:image

 

これをポンっとはずせば、完成です。

f:id:mocharina09:20190215132339j:image

 

 

キウイフルーツの包みボタンができました。

題材にキウイフルーツを選んだ時に、茶色のキウイフルーツでは地味だし上手くできないと思いました。

 

丸ごとの茶色いキウイフルーツでは、何の刺しゅうか分からなかったと思います。

キウイフルーツの切り口を刺しゅうしてよかったです(*´꒳`*)

 

季節の果物の包みボタン

 

これで包みボタンは5個できました。

(ご覧になりたい果物の記事がありましたら、文字をクリックしてくださいね。)

 

 

f:id:mocharina09:20190215133133j:image

 

毎月一個ずつ増えて、並べると嬉しくなってきます(*´꒳`*)

 

mocharina.com

 

 

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

モカリーナより♡

 

minne.com

2 COMMENTS

U4Q

フルーツがたくさん並んで可愛いですね♡
キウイは切り口が見えるのが効いてますね!
小さいボタンという縛りの中で、デザインを考えるのは、難しくて楽しいですよね、きっと☆

返信する
mocharina09

うにげ(id:U4Q)さん、こんばんは!
小さな作品を作るのが好きなので楽しいですが、デザインは苦手です。
うにげさんもワッペンがどんどんたまるのが楽しみですね😊✨

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。