刺し子の花ふきん「あじさい刺し」②・宮崎の味「からいも団子」

こんにちは、モカリーナです。

この記事は刺し子の花ふきん「あじさい刺し」の紹介です。

先日から作成していたホビーラホビーレの花ふきんを使って、あじさい刺しの図案を刺し進めています。

このあじさい刺しは初めに縫った+に糸を引っ掛けながらあじさいの模様を作っていきます。

この引っ掛ける技法は「くぐり刺し」といいます。

糸を引っ掛けながら作っていく「くぐり刺し」。どんな風になっていくのか楽しみです♡

サイズ:横38cm × 縦33cm

 

刺し子の花ふきん「あじさい刺し」

土台のラインを刺す

前回は縦のストライプを縫ったところまで。

f:id:mocharina09:20190619142541j:image

布小物を作りながら、横のラインも縫い+に縫い終わりました。

f:id:mocharina09:20190619142751j:image

これで糸を潜らせる土台となるラインが縫い終わりました。

くぐり刺し

あじさいのくぐり刺しをするのに用意したのは、OLYMPUSの刺し子糸、20m。

とてもキレイな青色です。

この糸を+の端にジグザグに潜らせながら進んでいきます。

f:id:mocharina09:20190619144228j:image

ジグザグ、ジグザグと。

f:id:mocharina09:20190619144458j:image

折り返しも、またジグザグに。

f:id:mocharina09:20190619144728j:image

縦のジグザグが出来ました!

f:id:mocharina09:20190619145555j:image

まとめ

あじさい刺しの土台になる+を縫ってから、くぐり刺しをしました。

人によってはこの+は、この作品のように真ん中が空いた2目縫い、交差する+があります。

ホビーラホビーレの布の下書きは2目縫のプラスになります。

この+の端に糸を潜らせながら、ジグザグに進めました。

少し悩んだのは潜らせることの出来ない縫い始めと縫終わりです。

ここまで縫い終わって困ったな〜と思っているのは、青い糸がほとんどなくなってしまったこと。横もこの青い糸を使おうと思っていたのですが足りません。

mocharina.com

今回はここまでにして、ティータイム〜(*´꒳`*)

ティータイム・宮崎の味「からいも団子」

主人Gさんの宮崎のお土産の「からいも団子」。持ってみるとすごい重量感です。

なま物なので賞味期限は本日中。

食べきれない場合は冷蔵庫保管で3日間、冷蔵庫に入れても固くならないそうです。

f:id:mocharina09:20190619151354j:image

開けてみるときな粉たっぷり。

つきたてのお餅にサツマイモが練りこんであります。

f:id:mocharina09:20190619151507j:image

半分に切ってみましたよ〜(*´꒳`*)

柔らかい。

周りが粉だらけになっちゃった💦

f:id:mocharina09:20190619151457j:image

食べてみるとサツマイモの自然な甘さ。

とても柔らかい〜!

体に優しくて、栄養たっぷりのお団子でした。

では明日また、モチャー  イナ(*’▽’*)!

mocharina.com

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

モカリーナより♡

mocharina.com

mocharinaのお店です~♡

minne.com

 

2 COMMENTS

U4Q

色んな刺し方があるんですね!
工夫したら、なんだか無限大に模様が出来そうです!
糸の色が、紫陽花の青ですね〜☆
素敵です!

返信する
mocharina09

うにげ(id:U4Q)さん、おはようございます😃
まだたくさん刺してない図案があります。
他にも色んな刺し方があるんでしょうね。
この青色、キレイですよね〜♡

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。