【Seriaの段染め糸】リボンの付いた刺し子の花ふきんの作り方

この記事はリボンのついた刺し子の花ふきんの作り方の紹介です。

こんにちは、モカリーナです♬

Seriaには刺し子キットや刺し子糸がたくさん販売されていて、選ぶのがとても楽しいですよね。

刺し子糸にはグラデーションした糸があって、縫うたび色が変化するのでとても楽しいですよね(୨୧ᵕ̤ᴗᵕ̤)

今回作ったのは紺色の布で作ったリボンの付いた花ふきんです。Seriaの段染め糸の緑色で額縁飾りを、紫色はリボンに使いました。

紺色の布に段染め糸がよく映えてとても可愛く仕上がりました。手縫いでお手すきの時間にチクチクと、簡単にできるのも嬉しいです♬

このまま飾るのもいいですが、細々したものやアクセサリーを飾ることもできて便利です。

プレゼントにしても喜んでもらえますので、ぜひ参考にして作ってみてください(•͈⌔•͈⑅)

【Seriaの刺し子糸】段染め糸のリボンの付いた花ふきんの作り方

花ふきんの材料

  • 紺色の布 38cm× 16cm
  • 段染め糸 緑色と紫色

針や糸などの手芸用品

リボンのついた花ふきんの作り方

まず紺色の布を花ふきんに仕上げます。

  1. 布を中表に合わせ、返し口をあけて縫う
  2. 縫い代を0.5〜0.7cmにカットする
  3. 表に返して、返し口をかがり閉じる

花ふきんの作り方は別の記事をご覧ください。

合わせて読みたい!

【Seriaの刺し子】ミニ花ふきんキット「伝統柄」15種類・花ふきんの処理の仕方

額縁を縫う

布に図案の下書き線を書きます。

  • 額縁 布から1cmの所
  • 図案 縦横に4cmの線

四角い枠線のことを額縁といい、しっかりと糸こきをしながら縫っていきます。

モカリーナ
モカリーナ

刺し子糸はSeriaの段染め糸を使用しました。

図案を縫う

図案の縦横の線を縫っていきます。線の交点は1〜2mmあけてください。

額縁飾りを付ける

額縁の縫い目に額縁飾りを付けます。

ツタ状の額縁飾りは3目で1つの飾り模様になります。

額縁飾りは3種類紹介しています。詳しい作り方は別の記事をご覧ください。

合わせて読みたい!

刺し子の花ふきん・3種類の額縁飾りと房の作り方

花ふきんにリボンを付ける

四角形の柄の真ん中に18cmの刺し子糸の両端を裏側から表側に出します。

刺し子糸の両端は結えて、ちょうちょ結びをしたら完成です。

花ふきんの使用用途

花ふきんをそのまま飾ってもいいのですが、包みボタンに糸を通して結えることもできます。空いたスペースにポンポンと置くだけでも可愛いです。

6個の刺し子の包みボタンの作り方は、後日紹介する予定です。

細々としたアクセサリー置きとしても使えます。たくさんあるポニーフックを乗せましたがいい感じですね(୨୧ ❛ᴗ❛)✧

YouTube・リボンの付いた花ふきんの作り方

リボンの付いた花ふきんの作り方を動画にしました。ツタ状の額縁飾りの作り方なども紹介していますので、よろしければご覧ください。

まとめ

Seriaの刺し子の段染め糸を使って、リボンの付いた花ふきんの作り方を紹介しました。

私は目の細かい布を使いましたがシーチングや綿麻など目の粗い布を使用した方が縫いやすいです。

花ふきんに額縁飾りを付けると華やかになります。紺色の布に段染め糸が映えて、とても可愛い花ふきんができました。

私はこの作品をプレゼント用に作成しました。空いた時間に手縫いでチクチクと、簡単に作れるのでプレゼントにしてはいかがでしょうか?

それでは明日また、モチャー イナ(*’▽’*)!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

モカリーナより♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。