可愛いもこもこポーチの作り方・簡単に作るコツ5点

この記事はもこもこポーチの作り方の紹介です。

モカリーナ
モカリーナ

こんにちは、モカリーナです♬

もこもこポーチは手触りもいいし、温かそうで見ているだけで癒されますよね꒰ ∩´∇ `∩꒱♡

もこもこ布にはプードルボアやペアボアなど色々ありますが、今回選んだのは羊さんの毛のようなシープボアです🐑

でも…もこもこ布は扱い方が難しそう、なんてお悩みもあるかもしれません。

シープボアは布にボリュームがあるものの意外にも縫いやすく、ボアも毛も飛び散りません。そして手触りももこもこふわふわでとても気持ちがいいです。

このシープボアを使ってポーチ作りをしました。マチなしのシンプルなタイプなのでコツをおさえれば簡単に出来てしまいます。

ポーチ作りのコツは5点。そしてもこもこ布に関してのコツは、もこもこの角を少し落としておくことと、袋を縫う時に2回に分けて縫うこと、仕上げにもこもこを出すことです。

さぁ、一緒にもこもこ可愛いポーチを作ってみましょう〜୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

コツをおさえて簡単に!もこもこポーチの作り方

ポーチの材料

サイズ:約16×13cm(縫代含む)

  • もこもこ布(シープボア)19×15cm 2枚
  • 接着芯   上に同じ
  • 綿生地   上に同じ
  • ファスナー 18cm
  • タグ用リボン 5cm

※ファスナーは20cmを使用しましたが金具が付いていて縫いにくいため、ナイロン製の金具かファスナー18cmがおススメです。

下準備

もこもこ布はシープボアを使用しました。シープボアは切った時にお部屋の中が、ボアまみれになるかと思いきやそうならず意外に扱いやすいです。

もこもこしていて、羊さんみたいで手触りもとてもいいですよ🐑💕

材料を切る

材料の布地を切ります。もこもこ布、接着芯、裏布は同じサイズです。

もこもこ布に接着芯を貼る

もこもこ布に接着芯を貼ると生地がしっかりとして、扱いやすくなります。

※アイロンは低温〜中温の間で当てて下さい。

もこもこ布のカット

コツ①:もこもこ布の角をハサミでカットすると後々の処理もしやすく、縫いやすいです。数mmほどカットしておきます。

ポーチの作り方

もこもこ布にファスナー付け

もこもこ布とファスナーを中表に合わせて、ファスナーの端2〜3mm辺りを縫う。

裏布にファスナー付け

もこもこ布を付けたファスナーの裏面に、裏布を中表に合わせて縫います。ファスナーの端7〜8mmのところを縫います。

※ちゃんと縫えたかチェックしてくださいね。

ファスナーの反対側も縫う

ファスナーの片側が付いたら、もう片方も同じように縫っていきます。モコモコ布と裏布を付けて下さい。

袋を合わせる

コツ②:もこもこ布同士、裏布同士に合わせます。ファスナーの縫い目は表地側のモコモコに倒します。

コツ③:ファスナーは半分ほど開けておきましょう。留め具をファスナーの真ん中あたりにしておきます。閉じてしまうと表に返すのが大変です。

※タグを付ける場合は忘れずに付けて下さい。

袋を縫う

ファスナーが付け終わったら、袋に縫っていきます。返し口は裏布の底部分を10cmほど空けます。

コツ④:もこもこ布はズレやすいため、袋は2回に分けて縫います。返し口の両端からもこもこ布に向けて縫います。

表に返して返し口を縫う

袋が縫えたら四角の角を重なりを抑えるため少しカットします。表に返したら目打ちを使って角を出します。

返し口を手縫いでチクチクと綴じます。これでポーチの完成です!

もこもこの毛を出す

もこもこポーチが完成したら、少し見ていただきたいのが縫い目のもこもこです。

モコモコが縫い目で倒れてしまっている所があるかチェックして、もこもこを無理ない範囲で出していきます。

コツ⑤:縫い目付近のもこもこを目打ちで優しくカリカリとしてみてください。少しもこもこ感が出ますよ(*´꒳`*)

※フェイクファーのような毛足の長いものは、目打ちで縫い目から毛をそっと出してあげて下さい。

もこもこポーチの完成

もこもこポーチが完成しました。このポーチに本革のネームタグを付けて、シマエナガちゃんのクッキーホルダーを付けました。

合わせて読みたい!

楽に簡単に!羊毛フェルト作品を同じ形に作る方法・シマエナガちゃんのキーホルダー

シマエナガちゃんは北海道の小さな鳥で、正面を向いていると真っ白に見えるので「雪の妖精」と言われています。

雪のようなもこもこポーチに、羊毛フェルトのふわふわのシマエナガちゃんが遊んでいるようなイメージの作品にしました。

モカリーナ
モカリーナ

赤いお花を付けたシマエナガちゃん、可愛いな〜♡

まとめ

もこもこポーチの作り方を紹介しました。

ポーチの作り方のコツは5点。もこもこ布に関してのコツは、もこもこの角を少し落としておくことと、袋を縫う時に2回に分けて縫うこと、仕上げにもこもこを出すことです。

シープボアは布にボリュームがあるのですが意外に縫いやすいです。あらかじめ角を落としておくと少し縫いやすくなり、布からはみ出す毛も抑えることができます。

もこもこしていて可愛いポーチを作ってみて下さいね!

それでは明日また、モチャー イナ(*’▽’*)!

合わせて読みたい!

ペンケース(ポーチ)の簡単な作り方・赤い水玉模様簡単にできるボックスポーチの作り方・トルコカラーミシンで一気に作れる、簡単「ボックスポーチ」の作り方

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

モカリーナより♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。